とくでん書房

徒然日記です。

メールが来ました。

先日はてなブログからメールが来ました。

内容は、前回更新から1か月たちました、お元気ですか。という内容です。

ついに私のさぼり癖もここに極まれりといった感じなんですが、まあ、せっかくなのでなにか書こうと思い、パソコンをあけました。

 

ところが、書くことが思いつきません。前回ブログから1か月ほどたつのですがその間ブログに書くような出来事が何もなかったという現実を突き付けられ、気を失いそうです。何も書くことがありません、という報告のブログになってしまいました。

 

ところで、このメール、はてなブログから自動送信されてるんですが、題名がちょっといいんです。

「とくでん書房さま、そうろそろ次の記事を投稿しませんか?」

という題名です。

なんてことはないんですが、厚かましくなく、かといってちゃんと投稿を促している。ちょうどいい表現だと思いました。

この優しい感じはとても大事だと思いました。

体罰

少し前にあった日野さんの体罰の件ですが、テレビの中の人がこんなことを言ってました。

「昔は体罰なんか当たり前だった。自分も体罰を受けて育ったが、こんなまともな大人になった。なぜ今はいけないのだ。」

※頭悪そうな言い回しになってしまいました。正確にセリフを覚えていないものですいません。

 

体罰の事件があると、必ず「昔は・・・」という人が出てきます。

意見はいろいろあっていいので別にいいのですが武勇伝的に話さないでいただきたいと思っちゃいます。

 

同じような話で、「昔はやんちゃしてた」とか「少しくらいやんちゃしてきた人間じゃないと仕事なんかできない」的なお話もよく聞きます。

※ヤンキーがカースト最上位の田舎だからでしょうか^-^;

 

でも、

やんちゃされた被害者ははたして許しているのでしょうか。

いつか使おう。

以前、古いお家で工事をしたときにいわゆるゴミとして出てきたロッカーがあります。私は一目見て気に入り持って帰りました。

とても重く(たぶん50kg以上はあるんじゃないかと)、そして古く汚い。

洗ってみたもののやはり汚く、錆びているところもちらほら。

でも、女子っぽく言うととてもかわいいのです。

とても家の中に入れるようなものではなかったので、秘密の倉庫へ入れておきました。

いつか何かに使おう。そう心に誓って。

 

かれこれ一年が過ぎました。

2度目の夏も終わろうとしています。

一番下の子供は小学5年生から6年生へ。

ロッカーは置いた場所から1mmも動いていません。

 

いつか使おう。

 

いつかは来そうにありません。

 

f:id:masaki109-109:20170826164510j:plain

トゥーン変換できますか。

買ってしまった。ノリで。

 

先日、ついに任天堂SWITCHを買ってしまいました。

ノリで。

下の2人の子供は大喜びですが、高校生の長女にはちょっと呆れられました。

 

というか、

巷では在庫がなく、アマゾンでもプレミア価格で売られているSWITCHですが、ヤマダ電機に普通にありました。それも、スプラトゥーン2との同梱版です。

都会の方が逆にないのでしょうか。

 

ヤマダ電機では、通常在庫がある商品には在庫カードがあって、それをレジに持っていくのですが、そのカードがなくその代わりに、「店員にお尋ねください」とありました。で、聞くと在庫あります。で、店員さんは妙に小声でした。

 

在庫あるのに、在庫カードを出さないのは、転売目的にまとめ買いをされるからでしょうか。 

 

なにはともあれ、

皆様、スプラトゥーンって、ローマ字で入力できますか。

「トゥーン」変換できますか。

 

私はできずにグーグル先生にお願いしました。

リサイクル

先日近所にいわゆるリサイクルショップがオープンしました。

妻と一緒にちょっと覗いてみました。

 

オープンしたばっかりということもあって結構多くのお客さんが来てました。

妻は生活雑貨のコーナーへ行ってましたが、そこで売られている石鹸が近所のスーパーよりも高かったそうです。

 

リサイクルにはお金がかかるということでしょうか。

いっしょにしてはいけませんが、ペットボトルもリサイクルする方がコストはかかると聞いたことがあります。

エコロジーたけどエコノミーではない的な。

環境のためにはしょうがないというところでしょうけど、公共性と同じく企業・団体から個人にいくに従って、エコロジーよりもエコノミーに重きを置く傾向があると思います。

 

なので、

もろ個人対象の近所のリサイクルショップのスーパーより高い石鹸は残念ながら売れないかもしれません。

理想郷

皆様夏休みいかがお過ごしでしょうか。

 

かがやく太陽、澄んだ海、きれいな空気。

私はそんな場所で夏を満喫することができます。

 

そう、田舎ならね。

 

 

有酸素運動に加え、適度な無酸素運動。

最高のバランスがあなたの体脂肪率をみるみる減らしてくれます。

 

そう、肉体労働ならね。

 

 

あなたの理想が、ここにあります。

田舎の肉体労働

 

メロディ

ババンバババンバババンババアンババン♪

文字にするとなんともわからないですが、それはとてつもなく恐ろしいものでした。

あの日からずっと今も心の闇の扉を少し開けると聞こえてきます。

 

それはとても画期的なシステムでした。

誰もが待ち望んでいました。

復活の呪文を書き取る労力も、書き間違えて復活できない恐怖もありません。

そう、ドラクエ3から始まったバックアップです。

教会でお祈りするとデータがセーブされます。

すごい、すごすぎる。ドラクエ3は名作ですが、この機能も人気の原因の1つだったことは間違いありません。

 

でも、まれに、いや、ごくまれに。

あのメロディーが流れます。

 

ババンバババンバババンババアンババン♪

 

このメロディはデータが消えてしまったときに流れます。

皮肉なことに状況にすごくマッチしています。

復活の呪文は、間違えても最悪前回の呪文で前回の地点からやり直せます。

でも、セーブデータは消えるとおしまいです。

はじめからやり直し。むり。

 

大人になった今でも、最悪な状況ではこのメロディが流れてきます。